タスクフローの情報は【システム設定】で確認ができます。
上部メニューのギアアイコン(⚙印)>【システム設定】をクリックします。

1)タスクの割当

2)ワークフローのカスタマイズ

1)タスクの割当

特定のユーザーもしくはグループにタスクの担当者を割り当てることができます。

割当は既存のワークフローアクションに対して設定する【編集】と、追加したワークフローアクションに対して設定する【新規】があります。

■ ワークフロー割当設定手順

【編集】

  1. 【ワークフロー割当】で編集したいワークフロー割当をフォーカスし、業務メニュー【編集】をクリック。

  2. 【割当先】に担当者のユーザーまたはグループを設定する。

  3. 【更新する】ボタンをクリック。

【新規】

1.【ワークフロー割当】で業務メニュー【新規】をクリック。

2.割当対象のワークフロー・ステータスを選択します。

※ワークフローアクションのアクション挿入で新たに追加したステータスを選択します。

3.【割当先】に担当者のユーザーまたはグループを設定する。

4.【更新する】ボタンをクリック。


2)ワークフローのカスタマイズ

既存のワークフローに新規ステータスを追加したり、新しいワークフローを作成できます。
例:マスタの確定処理に承認処理を追加することができます。

■ ワークフローカスタマイズ手順

1.【ワークフローアクション】にある登録済のアクションを選択します。

※例:マスタの「確定」前に承認を追加するのでワークフローはマスタ管理でアクション名は「確定」のものを選択します。

2.業務メニュー【業務処理】>【アクション挿入】をクリック。

3.表示された子画面に新規ワークフローアクションの情報を入力して【OK】ボタンをクリック。

※例:アクション名(From)に承認依頼 ステータス名に承認待ち アクション名(To)に承認と入力します。

※アクション名(From)とは追加するアクションを入れる前のアクションになります。ステータス名とは追加するアクション(例:承認)を行う時の状態になります。アクション名は追加するアクション名になります。

4.新しくワークフローアクションが追加されます。

※例:各マスタのワークフローに新しく【承認】のアクションが追加されます。

回答が見つかりましたか?