通常通り修正してください。修正の後、事前に出力した仕訳と修正後に作成された仕訳の両方を連携してください。

回答が見つかりましたか?