販売管理クラウドs-flowでは出荷伝票または明細から請求処理する際に売上日の変更をすることができます。こちらではその方法をご案内します。

※デフォルトの売上日は取引先マスタの締日から算出されます。

■出荷伝票を元に伝票内の明細全て請求処理する場合

1.出荷一覧にある請求処理待ちの出荷伝票を選択します。

2.画面右下の【請求処理】ボタンをクリック。

3.請求処理の子画面が表示されるので、売上日変更の変更するにチェックを入れます。

※1

4.売上日の変更ができるようになりますので、任意の売上日に変更して【請求保存】または【請求締処理】ボタンをクリック。

※2

※【請求保存】は請求伝票を作成または更新し【請求締処理】は請求伝票を作成または更新して締処理まで行います。

5.請求書の作成または更新がされ請求伝票番号(リンク)が表示されます。

■出荷伝票を元に伝票内の一部明細のみ選択して請求処理する場合-1

1.出荷一覧にある請求処理待ちの出荷伝票を選択し、出荷明細のタブをクリック。

2.請求処理をする出荷明細にチェックを入れて編集部右上の【明細請求処理】をクリック。

3.請求処理の子画面が表示されるので、売上日変更の変更するにチェックを入れます。

※1

4.売上日の変更ができるようになりますので、任意の売上日に変更して【請求保存】ボタンをクリック。

※2

5.請求書の作成または更新がされ請求伝票番号(リンク)が表示されます。

■出荷伝票を元に伝票内の一部明細のみ選択して請求処理する場合-2

1.出荷明細一覧にある請求処理待ちの出荷明細を選択します。

2.業務メニュー【業務処理】>【請求処理】をクリック。

3.請求処理の子画面が表示されるので、売上日変更の変更するにチェックを入れます。

※1

4.売上日の変更ができるようになりますので、任意の売上日に変更して【請求保存】ボタンをクリック。

※2

5.請求書の作成または更新がされ請求伝票番号(リンク)が表示されます。

※1得意先の請求区分が個別請求の場合、こちらの操作をしなくても売上日の変更ができます。

※2得意先の請求区分が締請求の場合、変更する売上日には締日しか設定ができません。

回答が見つかりましたか?