標準の状態でエクセルのエクスポートやインポートの機能がありますが、入出力ファイルのカスタマイズをすることで、取引情報の詳細な分析や他システムとの連携をするためのファイル出力が可能になります。

設定は【ファイル設定】マスタで行います。

上部メニューのギアアイコン(⚙印)>【システム設定】>【ファイル設定】を選択してください。

・以下のような設定が可能です。

  • CSVファイルでのエクスポートやインポート

  • ファイルへの入出力項目の編集、順番の変更

  • 取引情報に加え、取引先や商品についての詳細情報(マスタに設定された情報)の出力

  • 連携をするための固定情報(ブランク可)を出力

■ ファイル設定マスタ設定手順

  1. 【ファイル設定】の業務メニュー【新規】を押下し、基本情報を設定する。

    ・表示画面 :作成中のファイル設定で入出力する画面を選択します

    ・入出力区分:出力用の設定か入力用の設定かを選択します

    ・設定名称 :画面から選択する際の表示名称です

    ・ファイルタイプ:エクセル形式かCSV形式かを選択します

    ・文字コード :ファイルタイプがCSVの場合、文字コードが選択できます

  2. 1度【更新する(F9)】を押下し、保存します。すると、ファイルに入出力するための項目が選択可能になります。

  3. 追加された明細を選択した状態で業務メニュー【編集】を押下し、入出力項目を設定します

    各タブごとに利用する項目を【未使用項目】から【使用項目】へ移動してください。移動は左右の矢印ボタンで実施できます。また、表示画面ごとにタブが異なります。

    ・入出力フィールドタブ:ファイル入出力で利用する項目を設定できます

    ・伝票フィールドタブ :明細情報の場合、紐づく伝票情報の入出力項目を設定できます

    ・明細フィールドタブ :明細情報の場合、その明細の入出力項目を設定できます

    ※エクスポートの場合、固定値やマスタの詳細情報が出力可能になります。

    ・固定値出力:【未使用項目】の【(固定値)】を【使用項目】へ移動し、必要情報を入力します。

     エイリアス名:ヘッダに表示される情報です

     固定値  :各行に出力される固定値です

    ・取引先や商品の詳細情報:【未使用項目】の【商品.*】など「.*」が付いている項目を【使用項目】へ移動し、必要情報を入力します。

     参照項目名:マスタの項目名を設定します(例:「名称」「計上単位」など)

     エイリアス名:ヘッダに表示される情報です

     書式文字列:日付や数値の場合、書式を設定できます

回答が見つかりましたか?