s-flowでは請求締処理を行う際に、請求処理や繰越の漏れがないかチェックすることが可能です。

設定を行うことで、請求締処理を実施した際に「前回請求日から今回の請求日までの間で請求処理されていない出荷伝票がある場合」、又は「前回分の請求が繰越処理されていない場合」にエラーが表示されてます。

エラーとなっている伝票は、各画面【得意先締日】でデータの検索を行うことが可能ですので、締日と期間を指定し、確認することが可能です。

※請求締処理チェックの設定を行うと、繰越金額が0円の場合であっても締請求ごとに繰越処理の操作が必要となります。すべて繰越請求用の請求書を出力する想定です。

〈設定方法〉

  1. 上部メニューにあるギアアイコン(⚙印)>【システム設定】>【テナント設定】をクリック。

  2. 基本情報タブの下部にある【編集する】ボタンをクリック。

  3. 動作環境の箇所にある請求締処理チェックにチェックを入れて【更新する】ボタンをクリック。

回答が見つかりましたか?