一式請求書を出力するには
対応者:サポートデスク 川原
一週間前以上前にアップデートされました

一式請求書とは、出荷した商品を個別に請求書に記載せず、それらを纏めて一式として請求書に記載した請求書です。各出荷ごとに、任意の商品名で纏めることが可能です。

(例には、商品として「材料A」「材料B」「工費」を出荷として登録し、それらを「工事費一式」という形で請求書を作成する場合を記載します。)

■帳票テンプレートの設定

  1. 上部メニューのギアアイコン(⚙印)>【システム設定】をクリック。

  2. 画面左側メニューより、【帳票テンプレート】をクリック。

  3. 現在利用している請求書を選択し、画面上部の【複製】をクリック。(テンプレートファイルの<"商品名称">に一式表記の名前が出力されます。)

  4. 編集部の【帳票タイプ】を「請求管理(一式表記)」に変更し、帳票名も任意の名称に変更します。(例:"一式請求書")

  5. 画面下部の【追加する】をクリック。

  6. 続けてワークフローの【公開】をクリック。

■一式請求書の出力

 一式表記で表示する名称は、受注や出荷の段階で設定する必要があります。

 今回は、「材料A」「材料B」「工費」の出荷が登録されている前提で記載します。(受注や出荷の登録方法はこちら

  1. 上部メニューかメインメニューの【販売管理】から【出荷一覧】をクリック。

  2. 対象となる出荷を選択し、画面下部の【明細表示】をクリック。※編集の必要があるため、状態が【出荷確定待ち】である必要があります。

  3. 出荷した各明細情報が表示されるので、明細ごとに【その他情報】タブの【一式表記】に表示名を設定します。(例:"工事費"を入力)

  4. 【出荷一覧】の画面に戻り、ワークフローの【確定】をクリック。

  5. 続けて、画面下部の【請求処理】をクリック。

  6. 【請求処理】子画面で必須項目を入力し、【OK】をクリック。

  7. 【処理結果】子画面より、【伝票に移動する】で作成された請求へ移動します。

  8. 上部メニューの【帳票】をクリックして、出力する請求書をクリック。(例:"一式請求書")

  9. 商品名称が「工事費」、数量単位が「1式」、金額が出荷した金額である一式請求書が表示されます。

こちらの回答で解決しましたか?