すべてのコレクション
操作マニュアル
入出金管理
ネットバンキングに振り込みデータ(全銀ファイル)を連携するには
ネットバンキングに振り込みデータ(全銀ファイル)を連携するには
対応者:サポートデスク 冨田
一週間前以上前にアップデートされました

s-flowでは支払伝票を振込データ(全銀ファイル)として出力し、各種ネットバンキングへ振込データ連携することが可能です。
振込データ連携(全銀ファイル)を活用して各種銀行にファイルをアップロードすれば、振り込みや口座振り替えを、オンラインで一括にミスなく行うことができます。

s-flowでは予め各種設定を行うことで、作成された支払伝票のデータを全銀ファイルに出力ができ、銀行側とのやりとりをスムーズに行いつつ、入出金管理の効率化を図ることができます。

※全銀協フォーマット取込に対応しているネットバンキングのみ対応可能です。

全銀ファイルが出力できるメリットに関しては、こちらのお役立ち情報をご覧ください。

■支払一覧での振込データ連携(全銀ファイル出力)手順

①取引先の設定

  1. 右上の【歯車マーク⚙】をクリックし、【マスタ設定】をクリックする。

  2. 左サイドバーの【取引先一覧】で、取引先種別が【仕入先】の取引先を選択し、上部メニューの【編集(F1)】をクリックする。
    新規作成時は【新規(F2)】をクリックし、取引先種別に【仕入先】を選択する。

  3. 【振込連携設定タブ】で【振込データ連携】を【使用する】にチェックを入れ、【振込連携設定タブ】と【支払い設定タブ】で必須項目を入力して保存する。

②自社側の銀行口座の設定

  1. 右上の【歯車マーク⚙】をクリックし、【マスタ設定】をクリックする。

  2. 左サイドバーの【銀行口座一覧】で、設定したい口座を選択して【確定取消】し、上部メニューの【編集(F1)】をクリックする。
    新規作成時は【新規(F2)】をクリックする。

  3. 【振込連携設定タブ】で【振込データ連携】を【使用する】にチェックを入れ、必須項目を入力して保存する。

③支払処理を行う

  1. ①で設定した仕入先に対して【支払処理】を行うとき、【支払口座】に②で設定した口座を選択して支払処理を行う。
    支払処理の手順は『仕入計上一覧』をご覧下さい。

  2. 上部グローバルメニューの【入出金管理】内の【支払一覧】画面において、該当する支払データを選択して【支払確定】をクリックし、状態を【支払完了待ち】にする。

  3. 全銀ファイルを出力する全ての支払データにチェックを付ける。
    ※チェックを付けた支払データの【状態】が全て【支払完了待ち】になっている事を確認してください。

  4. 上部メニューの【振込データ連携】をクリックし、確認ダイアログの【OK】をクリックする。

  5. 全銀ファイルが出力され、手順3でチェックを付けた支払データの状態が全て【完了】になる。

  6. 出力された全銀ファイルは各種ネットバンキングと連携してください。

こちらの回答で解決しましたか?